최근 블로그

ボリス (Boris) は世界中の全ての国を訪問しました。あなたも旅行が好きですか?

ボリス (Boris) は世界中の全ての国を訪問しました。あなたも旅行が好きですか?

世界中の全ての国を訪れたことがあるならば、それは真の世界旅行家です。世界中の全ての国を?ボリス (Boris) は本当に全ての国を訪れたのです。彼がどのようにその快挙を成し遂げたのか、誰もが抱くその疑問に、ボリス (Boris) 本人が10個の質問に答えてれました。質問に答えるどころか、たくさんの話を聞かせてくれました;-)。 1. 例えば1つ神殿を見たとしましょう。そうしたら、他の神殿は同じようなものだからもう見なくてもいい、という気持ちになりませんか? そんなことにはなりません!「小さなものの価値がわからなければ大きなものの価値は理解できない」と思うのです。私の経験では、小さくて名前も知られていないような神殿、滝、美術館などを訪れるほうが、誰もが知っている観光地に行くよりも満足感を得ることができます。どんな場所でも魅力的なものがあって、旅をする者にとって本当の醍醐味というのは、探し、感じて、発見することなのです。 2. ボリス (Boris) さんにとって、オランダのライデン (Leiden) はまだ「家」だという感覚はありますか?度重なる旅行によって、「家」とは程遠い感覚になったのでしょうか? 長い旅の後、家路について再び実際に我が家を目にすると、とても幸せな気持ちになります。家に居て、違う服を着、友人や家族と会い、スポーツをする、そういったことを思い描き楽しみになります。ただ、私の探求心はとどまるところを知りません。自宅に戻った次の日には、私のベッドの横には、すでに次の行先のガイドブックが横たわっているのです。私の家は世界を旅するための最高の基地ですね。 3. 道中、旅人との出会いに疲れることはありますか?次第に出会う人も選ぶようになるのでしょうか?…

Continue reading
5 seconds
飛行機が雷に打たれるとどうなるのでしょうか?

飛行機が雷に打たれるとどうなるのでしょうか?

航空機と雷といえば、相性が良くないコンビネーションだとほとんどの人は思うでしょう。ところが、世界中で飛行機が一日に50回ほど雷に打たれているということはご存知でしょうか。しかも、飛行機はこれに対して非常に優れた耐性があるという事はご存じですか?おそらくご存知ない方は多いと思います。そこで、飛行機に雷が直撃するとどうなるかについて、すべてをご説明します! 激しい雷雨の中では、雷光が閃き、ゴロゴロと雷鳴が聞こえます。さて、以下に事実をいくつか挙げます: KLMシティホッパーは年間で約50回も被雷しています。同社は49機の飛行機を所有しているので、各機が平均して年に一度雷に打たれていることになります。 国際航空運送協会 (IATA) によると、世界中のすべての民間航空機(約23,600機)の各機が1年に1〜2回雷に打たれています。 これは毎日50回以上の被雷です! 雷の電光は約3万°Cという非常に高い温度になります。 飛行機が雷に打たれると、約20万アンペアの電流が機体を通過します(家庭のヒューズは16アンペア)。 被雷は、ほとんどの場合1.5〜6 kmの高度で、通常は離着陸時に発生します。 落雷が発生するのは、概して、中程度もしくは激しい乱気流があり、気温が氷点下付近の時です。 被雷のうち90%は、航空機自体が雷を誘導しています。この現象は、航空機誘導雷 (AIL)…

Continue reading
29 seconds
パーサーってどんな仕事?

パーサーってどんな仕事?

私が今までの旅でわかったことは、人は名前と出身国を聞いたあと、必ず職業を知りたがるということです。そして私が「シニアパーサー」と答えると、大抵きょとんとされ、次の質問が続きます。「シニアパーサーとはどんな仕事ですか?」では、説明しましょう。 パーサーとシニアパーサー KLMオランダ航空ではすべてのフライトに1名か2名のマネージャーが乗務し、すべてがスムーズに行われているか確認したり、搭乗客が快適に過ごせるように客室乗務員を監督したりしています。欧州内路線ではマネージャーが1名乗務しており、これがパーサーです。袖にシルバーのストライプが4本あることで皆さんにもパーサーだとわかります。パーサーは機内での商品に責任を負います。長距離国際線では、パーサーはエコノミークラスのチームを担当し、シニアパーサーはワールドビジネスクラスの乗務員と全客室乗務員の全体的な監督を担当します。客室乗務員はパーサーと緊密に連携しています。シニアパーサーも制服に4本のストライプがあり、さらにオレンジ色のストライプが1本付いています。また、アシスタント・パーサーのチームもあり、彼らは長距離国際線のみに乗務し、袖のシルバーストライプは3本です。 準備 パーサーとシニアパーサーは、他の乗務員が到着する前にスキポール空港にやってきて、担当するフライトの準備をします。フライトに関係するあらゆる情報を確認し、どの乗客が援助を必要とするか、その他に特別な状況がないか、などを確認します。また、客室乗務員の任務の割り当てを行います。長距離国際線の場合は、シニアパーサーとパーサーでチームを割り振り、業務の段取りをつけます。 出発の前 (シニア)パーサーが、搭乗手続きを整えるために出発ゲートのエージェントと連絡をとります。また、機長からフライトに関する重要な情報である、飛行時間、特定の飛行条件、航空機の技術仕様などを受け取ります。反対に、(シニア)パーサーから機長へは重要な旅客情報を伝えます。それから機内に乗客全員分の十分な食事があることを確認します。すべての準備が完了すると、乗務員が乗客を機内へ案内することができます。これはお客様方との重要な交流の一つです。 フライト フライトにおいて、(シニア)パーサーは乗客たちをもてなす主人の役割をします。PAシステムを介して乗客に自己紹介し、フライト中のアナウンスを行います。パーサーとシニアパーサーは、快適なフライトを実現するためにできることをすべて行い、予期せぬ事態があった場合は、直ちに解決にとりかかります。フライト中、彼らは常にパイロットと連絡を取りながら、客室内の状況を伝えたり、乱気流の知らせを受けたり、飛行時間短縮の連絡があればサービスのスケジュールを変更したりします。 “(シニア)パーサーは、さまざまな状況を取りなすことが求められます。例として以下のような状況があります:病気やケガなどで(シニア)パーサーの采配が必要。 a.乗客が攻撃的な行動をしたり、ルールに従わない。 b.(シニア)パーサーは、パイロットに常時必ず、最新の情報が伝わっているようにする。 c. 技術的な問題やケータリングの間違いが発生している可能性がある。…

Continue reading
5 seconds
乱気流の原因は何?

乱気流の原因は何?

飛行中の乱気流は、人によっては少々迷惑なものというくらいですが、悪夢でしかないという人もいます。どちらにしろ乱気流はめったに危険ではないことに留意することが重要ですが、非常に不快なものであることは確かです。では、乱気流の原因は何でしょうか? パイロットはどのように対処しているのでしょう? 1. 風に起因する乱気流 シンプルに言い換えると、乱気流の中を飛ぶならば乱気流に対処しなければなりません。それは嵐の海でボートを操縦するのと非常によく似ています。高高度と低高度の乱気流は区別されています。地上に近い乱気流は、しばしば強い風によって引き起こされます。そのため、嵐の中を離陸または着陸する際に問題が発生する可能性があります。 2. 上昇気流に起因する乱気流 より高い高度では、空気が低高度から高高度に垂直に上昇すると乱気流が発生します。これは次のように働きます。太陽が地球とその上の空気を暖めます。熱気が膨張して上昇します。これは私たちが上昇気流と呼ぶものを引き起こします。空気が上昇すると、その温度は露点まで低下します。空気がさらに上昇すると、そこに水分の粒子が形成され始め、雲ができます。それはいいことです。なぜなら操縦席の窓からだけでなく、気象レーダーで乱気流を捉えることができるからです。 しかし、上昇する空気が非常に乾燥していると、結露が形成されず、乱気流が見えません。これは澄んだ空気の乱気流として知られており、突然襲ってくるトリッキーなものです。気象レーダーも、レーダー信号を反射するための空気中の水分粒子がないので、このような乱気流を検出することができません。 垂直方向の空気の移動は、通常、気温が非常に低いため高所で停止します。そのため、雲の上の滑らかな空気で飛ぶことができます。しかし時々、積雲がより高い位置へ向けて壊れることがあります。このような積雲は通常、熱帯地域で遭遇します。飛行機はこれを回避するために全力を尽くします。 簡単に言うと、通常、乱気流への対処は大気中の低高度で必要となります。昔、飛行機のキャビンが加圧されていなかった頃は、より低い高度で飛行しなければならず、乱気流がより一般的でした。 3. ジェット気流に起因する乱気流 ジェット気流は高高度における非常に強い風で、300km…

Continue reading
5 seconds
フライトアテンダントが世界で最高の仕事である10の理由

フライトアテンダントが世界で最高の仕事である10の理由

それは2002年のことでした。私はある仕事のためにマーストリヒトの家を去りランドスタッドに引っ越しましたが、それは自分が思い描いていた仕事ではありませんでした。それなら、キャビンアテンダントはどうだろう? 1年だけ世界をすこし見て回ろう、と。2018年に早送り。私は今もCAとして地球を飛びまわっています。いまだに楽しいこの仕事の、その理由トップ10をご紹介します。 1. 同じ日が二つとない 乗務員の構成は常に変わります。KLMでの乗務が16年になる私ですら、いまだに初対面の人々と定期的に仕事をしています。目的地は常に変化しますし、お客様もそうです。昨日と同じ日はありません。ああ、日中だけでなく夜もです。私は夜間勤務もしますので。 2. 自分でスケジュールを組める おおむね、目的地と滞在期間を自分で決めることができます。飛行機をリクエストするための素晴らしいシステムがあり、希望するフライトに自分が割り当てられる可能性があるかどうかや、自分のランクの枠がいくつあるかを即座に見ることができます。この職業では祝祭日に勤務しなくてはならないことが多いですが、どうしても特定の日に休みを取りたい場合は「スーパージョーカー」を使うことができます。 3. 何を着るか悩む必要なし アルバート・アインシュタイン。スティーブ・ジョブズ。マーク・ザッカーバーグ。ヴァレリー・ムッサン。仕事に何を着ていくべきか考える必要がないすべての人たち。制服万歳! 4. 目的地で家族や友人を訪問 長距離国際線に割り当てられると、目的地で最低24時間の休暇を得られます。しかしヨーロッパ内でも午後または夕方に自由時間を取ることができます。つまり、ストックホルムでいとことディナーをしたり、ニューヨークで親友に会ったり、東京、ケープタウン、上海、ロンドン、アブダビの友人や知人を訪れることができるのです…

Continue reading
5 seconds
意外でなるほどな5つの飛行機ミステリー

意外でなるほどな5つの飛行機ミステリー

飛行機は地上で後ろに進める? コックピットの窓は開く? こんな疑問が浮かんだことはないでしょうか。ええと、正直に言うと私は思ったことはありません。でも幸いなことに、好奇心旺盛な乗客の皆さんからさまざまな質問が届いています。では、みんなが気になっていた飛行機のミステリーを解明していきましょう! ねえKLM、飛行機はタキシング(地上走行)しているとき、自力でバックすることはできる? 飛行機のミステリーナンバーワン! この質問は私も数回見たことがあります。飛行機はタキシング中に自力で後方に運転することはできますか?という質問です。興味深いですよね? ほとんどの飛行機は、逆推力を使用して後ろに進むことができます。ジェット機では、推力を塞ぎ前方へ方向転換する推進装置を使用して行われます。これを達成するにはいくつかの方法がありますが、私はエンジンの勉強をしていないので、この辺で説明を終わりにしましょう。 ;) 米国や軍の一部の空港では、タキシング中に逆推力を使用することは依然として一般的に行われています。しかし、当社は環境問題(燃料、燃料の荷重)に配慮して、逆推力を使用したタキシングはしていません。騒音公害(エンジンはとにかくうるさいです)を最小限に抑えたいと考えています。いわゆる「パワーバック」がエンジンに掛かると、逆推力があらゆる種類のものをエンジンの燃焼室に直接吸い込みますが、これは理想的ではありません。それに、地上の作業員たちも吹き飛ばされないことで感謝しているのではと思います。そういうことで、当社はHarrie en Heinoさんのようなすばらしい牽引ドライバーによるプッシュバック手順を使用しています。ああ、それにバックミラーもバック中に鳴らす警告音も装備していませんからね。 ;)ピーッピーッピーッ! ワイパー? 飛行機に? 「こんにちはKLM、突然の質問ですが、なぜコックピットの窓にはワイパーがあって、窓が開くようになっているのですか?」 コックピットのフロントガラスには、明白な理由からワイパーが付いています。水や雪を取り除くためです! パイロットはクリアな視界を必要とするので、離陸または着陸中に、フロントガラスの水分が気流でクリアにならない場合に、ワイパーが活躍します。想像するに、タキシング中に消防車が飛行機を歓迎しながら(時には着色された)水を吹き付けるという幸せな出来事の間、ワイパーがあるとさらに便利なのでしょう。ワイパーはそれぞれ独立して動くことができ、両方のワイパーシステムが同時にダウンする可能性を減らすことができます。ボーイング737の場合、ワイパーにはインターバル(1分間に6/7回)、低速(160回)、および高速(250回)の3つの設定があります。離陸または着陸中に大雨が予想される場合、ワイパーが機能しないと「ノー・ゴー」の原因となることがあります。だからワイパーは重要なのです! ところで、最近のほとんどの飛行機では、窓に疎水性(「水を怖がる」)コーティングがされています。このコーティングは、私がピエロを怖がるのと同じくらい水を恐れています。とにかく・・・ダメ。コーティングは雨のしずくの表面張力に影響して、フロントガラス上に一種のシースルーの膜を作ります。これがパイロットの視界に非常に有益なのです。 ヘイ機長、窓を開けてくれよ! コックピットのすべての窓が開けられるわけではありません。たとえばボーイング737では、6つの窓のうち2つだけが後方にスライドできます。窓が開くということは、通常の出入口扉が使用できない場合、主にパイロットのための避難経路としても役立ちます。ですので、避難ストラップもこれらの窓の上に取り付けられています。開いた窓からは地上スタッフとのやりとりも可能です。それに新鮮な空気(もちろん10,000フィート上空ではなく!)を取り込むこともできます。基本的に地上作業に便利な機能です。窓はしっかりとロックされているので、窓を開けてはいけないときに開くことを心配する必要はありません。…

Continue reading
8 seconds

Get inspired for your next trip!

Explore the world with KLM and discover your next destination!

나는 싶다.
in
탐색
Loading